Circa Waves

NEWS

2015.10.01:アルバム・リリースを祝して、USTVデビューを飾る!

ついにデビュー・アルバム『ヤング・チェイサーズ』がアメリカでもリリースされ、現地の人気TV番組『Conan』に出演し「T Shirt Weather」をパフォーマンスしました!
http://teamcoco.com/video/circa-waves-09-21-15?playlist=x;eyJ0eXBlIjoidGFnIiwiaWQiOjE5NjV9
(現在こちらの動画は閲覧できません)

2015.08.26:最新シングル「My Love」のリリック・ビデオを公開!

先週開催されたサマソニで一回りも二回りも成長した姿をSONIC STAGEに集まった観客の前で見せつけてくれたサーカ・ウェーヴスが、最新シングル「My Love」のリリック・ビデオを大公開。
サーカの楽曲にぴったりな元気いっぱいなガールズがたくさん登場します!


2015.08.14:4日間で4ヵ国の4つのフェスをまわる企画の映像第一弾公開!

ついに本日、1年間で3度目の日本上陸を果たしたサーカ・ウェーヴスが、4日間で4ヵ国の4つのフェス をまわるという企画の映像第一弾を公開!
今回公開されたのは、Slottsfjelフェスティバル出演のためUKはマンチェスターからノルウェーのオスロに飛んだ際の映像。
オフにはトンスベルグ運河をボートで下り、水泳を楽しむ様子がうかがえます。
泳ぎの苦手なジョーにキエランが水泳のスタイルをバンドに例えたアドバイス。
彼曰く、クロール=マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン(アグレッシヴ)、背泳ぎ=スロウダイヴ(時の流れを遅らせる)、そして平泳ぎ= ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート(流れを楽しむ)だとか。
はたしてそんなアドバイスで為になったのか?

第二弾の公開をお楽しみに!


2015.07.21:最新シングル「My Love」の音源が公開に!

来月、サマソニで帰ってくるサーカ・ウェーヴスが、デビュー・アルバム『ヤング・チェイサーズ』からの最新シングル「My Love」の音源を公開!
これまた夏にピッタリでシンガロングしたくなるキャッチーなナンバーなので、是非サマソニまでに予習を欠かさないように!


2015.07.03:サマソニ前に要チェック! NME誌読者が選ぶ"グラストンベリーのベスト・アクト"、サーカ・ウェーヴスの公演をレポート!!

イギリスを代表する野外フェスティバル、グラストンベリーの6月26日(金)John Peel Stageに登場したサーカ・ウェーヴス。昨年に続き2回目の出場となった彼らだが、今回はデビュー・アルバム『ヤング・チェイサーズ』リリース後とあり、本人たちおよびオーディエンスたちの興奮もひとしお。

おもえば2013年に結成からわずか半年で発表したファースト・シングル「Get Away」が英BBCのトップDJ、ゼイン・ロウが選ぶ「世界で最もホットな楽曲」に選ばれたのを皮切りに、英NME誌が「惑星で今最もホットなバンド」と称したり、トゥー・ドア・シネマ・クラブが彼らのことを「この新人バンドには興奮している! 」 と紹介するなど、サーカ・ウェーヴスの名は瞬く間に知れ渡っていった。
そして2014年になると、メジャー・レーベル争奪戦の末に大手ヴァージン・レコードと契約。7月には日本独自企画盤として『サーカ・ウェーヴスEP』をリリースし、さらにその直後にはサマソニ出演のために初来日も果たした。しかし、その後も彼らの快進撃はとどまる事を知らず、憧れのリバティーンズのサポートに抜擢されたり、2015年1月にはアルバム・デビュー前にして再来日、初の単独公演まで実施。4月には待望のデビュー・アルバム『ヤング・チェイサーズ』を発表、UKチャート初登場10位を記録し、2年連続となるサマソニ出演も決定した。

トントン拍子に成功の階段を上り詰めてきたかのように思えるサーカ・ウェーヴスだが、フロントマンのキエラン・シュッダルは遅咲きの苦労人。16歳で退学後、何年も芽が出ないバンドを転々としてきた彼が、26歳の時に"最後のチャンス"と真剣に取り組んだのが、このサーカ・ウェーヴスだったのだ。アルバム収録曲の歌詞の多くは、そんなキエランがこれまでに体験してきたフラストレーションとねじれたノスタルジアが元となって生まれた。

そんな彼らが、2回目となるグラストンベリーの舞台で幕開けに選んだのが、アルバムのタイトル曲「ヤング・チェイサーズ」。バンドとして初めてレコーディングした曲で、初めてラジオで流れた曲でもある特別な曲。その後も「Good For Me」「So Long」「Stuck In My Teeth」「Get Away」とシングル曲を均等に織り交ぜながら、最後はキエラン自らがクラウド・サーフしながら最新シングル「T-Shirt Weather」で幕を閉じた。

オーディエンスの期待通りだったのかそれ以上だったのか、後日発表されたNME誌読者が選ぶ"今年のグラストンベリーのベスト・アクト 20"において、サーカ・ウェーヴスのショーは1位に輝いた。トップ5には、フー・ファイターズに代わってトリを務めたフローレンス・アンド・ザ・マシーンが2位に、3位ジェイミー・ティー、4位ウルフ・アリス、そして5位には奇しくもリバティーンズがランクインしている。自分たちの憧れの大物バンドらを押えての1位獲得、それはまさに、いかなる状況においても夢を諦めず、音楽を続けてきたキエランが間違っていなかったということが証明された瞬間である。

ライヴ動画を観ても明らかだが、今UKに実在する優秀なソングライターのひとりと言われる彼が作り上げた、シンガロングできるアンセム的楽曲によってバンドと会場にうまれた一体感。間もなく開催されるサマーソニックで再来日するサーカ・ウェーヴス。3度目の来日にして大きく成長した彼らのパフォーマンスは、観ないわけにはいかなそうだ。



【セットリスト】
Young Chasers
Good For Me
So Long
Fossils
101
Stuck in My Teeth
Lost It
Get Away
Talking Out Loud
My Love
T-Shirt Weather



【SUMMER SONIC 2015 公演情報】
2015年8月15日(土)東京:QVCマリンフィールド&幕張メッセ
2015年8月16日(日)大阪:舞洲サマーソニック大阪特設会場
http://www.summersonic.com/2015/





BBC - Glastonbury - 2015 - Acts - Circa Waves
http://www.bbc.co.uk/events/e84mxj/acts/a8m3v2#p02tvn5c

Page Top