Circa Waves

NEWS

2017.04.11:サード・シングル「Goodbye」のミュージック・ビデオを公開!

セカンド・アルバム『ディファレント・クリーチャーズ』が好評発売中のサーカ・ウェーヴスが、同作からのサード・シングル「Goodbye」のミュージック・ビデオを公開した!


ソールドアウトしたUKツアーの模様を余すところなくおさめた今回のビデオからは、激しいモッシュピットの様子や、観客がいかにライヴを絶賛しているかが伝わる内容となっている。


新曲Goodbye」のミュージック・ビデオはこちら:


サーカ・ウェーヴスらしいキャッチーな常夏サウンドからは一転、よりヘヴィなロックを奏でるアークティック・モンキーズやクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジと形容されている今回のアルバム。しかし、フロントマンのキエラン(・シュッダル)が「変化はしたけど、サーカ・ウェーヴスらしさは残っていると思う」と語るように、すべてがヘヴィなロックばかりというわけではない。そんな中この「Goodbye」は、ちょうどお馴染みサーカと新生サーカとがうまい具合に混じりあった1曲となっている。率直な歌詞も清々しい。


8月には3度目となるサマーソニック出演のために再来日が決定しているサーカ・ウェーヴス、まだまだこの先も話題を提供してくれそうだ!

2017.03.06:ニュー・アルバム発売直前にさらなる新曲「Stuck」のセッション・ビデオを公開!

いよいよ今週金曜日(3月10日)に待望のセカンド・アルバム『ディファレント・クリーチャーズ』を世界同時発売するサーカ・ウェーヴスが、さらなる新曲「Stuck」のセッション・ビデオを公開した!


今回セッションが行なわれたのは、バンドのホームタウン、リヴァプールにある、昨年25周年を迎えたパー・ストリート・スタジオ。同スタジオは、コールドプレイの初期2作品(『パラシューツ』『静寂の世界』)、ステレオフォニックスの『ワード・ゲッツ・アラウンド』、そしてブラック・サバスの『フォービドゥン』といった数々の名作の誕生舞台となったり、ドレイクやジャスティン・ビーバーなどのトップ・アーティストが愛用したことでも知られている。


セッション映像は360度動画(モバイル端末を使って視点を360度動かして楽しめるタイプの動画)となっており、視聴者が自分の見たいところを選んで視聴し、その映像の中にいるような臨場感を味わうことができるようになっているので要チェック!


新曲「Stuck」のセッション・ビデオはこちら:


8月には3度目となるサマーソニック出演のために再来日が決定しているサーカ・ウェーヴス、新曲の数々が生で聴けるであろう絶好のチャンスとなっているので、お見逃しなく!

来日公演情報

サマーソニック2017
2017年8月19日(土)、20日(日)
東京会場: ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ
大阪会場:舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
サマーソニック公式サイト:http://www.summersonic.com/2017/

2017.02.13:俳優アイザック・ヘンプステッド=ライトも出演する超ホラーな「Fire That Burns」のミュージック・ビデオが公開に!

来る3月10日(金)に待望のセカンド・アルバム『ディファレント・クリーチャーズ』を世界同時発売するサーカ・ウェーヴスが、最新楽曲「Fire That Burns」のミュージック・ビデオを公開した!


ジャッロ(イタリアの20世紀のホラー・ジャンル)的なB級映画風の今回のミュージック・ビデオには、テレビ・ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のブラン・スターク役で知られるアイザック・ヘンプステッド=ライトがゲスト出演。フロントマンのキエラン(・シュッダル)が演じるのは、血みどろな殺戮を繰り返していくうちに現実の世界との境目がわからなくなっていくという役。よって、よりヘヴィなサウンドに進化したサーカ・ウェーヴスにぴったりなビデオとなっている。


「イタリアのB級映画で連続殺人犯の役をオファーされたら、断れなかったよ。そこで、Twitterを通じてアイザックに連絡をとったんだ、『僕の被害者役を演じないか?』って。そしたら驚くことに、彼は僕たちのファンだってことで快諾してくれたんだ。通常のミュージック・ビデオとは一風変わった撮影は楽しかったよ」とキエラン。
一方のアイザックも、「僕はサーカ・ウェーヴスのファンだから、キエランから連絡をもらった時、ためらいはなかったよ。撮影は楽しかったし、彼らは最高だし、ビデオのコンセプトもとてもクールだよ。短編映画みたいで、まるで音楽がナレーションになっているみたいなんだ」と話している。


新曲「Fire That Burns」のミュージック・ビデオはこちら:


「Wake Up」のミュージック・ビデオはこちら:


「Fire That Burns」についてキエランは、「この曲は双方についての曲で、相手を喜ばせるために人はどこまでやるかについて歌っている。情熱が持つダークな面を表しているんだ」と話している。まさに"ダークな面"が大いに表現されたビデオとなっているので、必見だ!


そんなサーカ・ウェーヴスは、この夏3度目となるサマーソニック出演のために再来日が決定している。


来日公演情報

サマーソニック2017
2017年8月19日(土)、20日(日)
東京会場: ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ
大阪会場:舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
サマーソニック公式サイト:http://www.summersonic.com/2017/

2017.02.06:3度目となるサマーソニック出演が決定! ニュー・アルバムから更なる新曲が公開に!

2014年7月に日本限定でデビューEPをリリースし、翌年4月に待望のアルバム・デビューを果たした英リヴァプール出身のガレージ・ロック・バンド、サーカ・ウェーヴスが、今年3度となるサマーソニック出演が決まったことが発表された。これまでにも2015年、2016年と2年連続でのサマソニ出演、THE 1975の日本公演オープニング抜擢、さらには初の単独来日公演も実施するなど、新人らしからぬ活躍ぶりをみせていた彼ら。来る3月10日(金)には待望のセカンド・アルバム『ディファレント・クリーチャーズ』が世界同時発売されることがすでに発表されている。


英米のオルタナティヴ・ロック系のアーティストを多く手がけてきた敏腕音楽プロデューサー、アラン・モウルダー(スマッシング・パンプキンズ、アークティック・モンキーズ、フー・ファイターズ、ザ・キラーズ)とタッグを組んだ今作は、サーカ・ウェーヴスらしいキャッチーな常夏サウンドからは一転、ほこりっぽく、夜をイメージした仕上がりに。それは例えるなら、よりヘヴィなロックを奏でるアークティック・モンキーズやクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジと形容されている。


すでに公開されているリード・トラック「Wake Up」に続き、この度新たな新曲「Fire That Burns」が試聴可能となった。


新曲「Fire That Burns」の試聴はこちら:
https://open.spotify.com/album/5FEpcm55sosnbZqxwXYrqz


「Wake Up」のミュージック・ビデオはこちら:


この度公開となった「Fire That Burns」についてフロントマンのキエラン(・シュッダル)は、「この曲は双方についての曲で、相手を喜ばせるために人はどこまでやるかについて歌っている。情熱が持つダークな面を表しているんだ」と話している。
さらに、デビュー・アルバムと比べて新作が大きく変化したことについては、「変化はしたけど、サーカ・ウェーヴスらしさは残っていると思う。前と同じような作品も作りたければ作れたけど、自分自身が好きなバンドも、ビートルズのように、全然違うバンドがプレイしているようなレコードを作るバンドなんだよね。進化や変化は大切なことだと思う。特に今、音楽業界内での移り変わりは激しい時だしね」と語った。


全英チャート初登場10位を記録した前作から2年、3月10日(金)に世界同時発売となる新作『ディファレント・クリーチャーズ』の日本盤は、通常盤に加え2015年に開催されソールド・アウトしたサーカ・ウェーヴスのブリクストン・アカデミー公演を収録したボーナスDVD付きの限定盤『ディファレント・クリーチャーズ(デラックス)』の2パターンでのリリースが決定している。8月の来日時には新作からの曲を多く披露してくれることだろう!

来日公演情報

サマーソニック2017
2017年8月19日(土)、20日(日)
東京会場: ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ
大阪会場:舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
サマーソニック公式サイト:http://www.summersonic.com/2017/

Release Infoリリース情報

Circa Waves - Different Creatures
Different Creatures
byCirca Waves

2017年3月10日(金) 【世界同時発売】
レーベル: Virgin / Hostess

【通常盤】
品番:HSE-6362
価格:2,400円+税
※日本盤はボーナストラック(1曲)、歌詞対訳、ライナーノーツ(粉川しの)付

【デラックス】(DVD付限定盤)
品番:HSE-6360
定価:3,200円+税
●完全生産限定盤
●ボーナスDVD(2015年ブリクストン・アカデミー公演)、ボーナストラック(1曲)、歌詞対訳、ライナーノーツ(粉川しの)付

<トラックリスト>
01. Wake Up
02. Fire That Burns
03. Goodbye
04. Out On My Own
05. Different Creatures
06. Crying Shame
07. Love's Run Out
08. Stuck
09. A Night On The Broken Tiles
10. Without You
11. Old Friends

※新曲「Wake Up」iTunes配信スタート&アルバム予約受付中!(高音質Mastered For iTunes仕様)
https://itunes.apple.com/jp/album/different-creatures/id1178519240?app=itunes&ls=1&at=11lwRX

2016.11.25:セカンド・アルバムが来年3月に発売決定!新曲「Wake Up」の音源が試聴可能に!

昨年4月に待望のアルバム・デビューを果たし、2年連続のサマソニ出演、THE 1975の日本公演オープニング抜擢、さらには初の単独来日公演も実施するなど、新人ならぬ活躍ぶりをみせているリヴァプール発の4ピース・ガレージ・ロックバンド、サーカ・ウェーヴス。そんな彼らが、来年3月に待望のセカンド・アルバム『ディファレント・クリーチャーズ』をリリースすることがわかった!


これまでにスマッシング・パンプキンズ、アークティック・モンキーズ、フー・ファイターズ、ザ・キラーズといった英米のオルタナティヴ・ロック系のアーティストを多く手がけてきた敏腕音楽プロデューサー、アラン・モウルダーとタッグを組んだ今作は、全英チャート初登場10位を記録した前作の持っていた常夏を思わす快活なサウンドとは打って変わって、ほこりっぽい、夜をイメージした仕上がりに。


それは、ソングライターであるフロントマンのキエラン(・シュッダル)が、自ら感じた世の中で起こっている変化を反映した結果であって、よりラウドで活力に満ちたバンドへと変貌している。サウンドで例えるなら、よりヘヴィなロックを奏でるアークティック・モンキーズやクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジが相応しいかも知れない。


早速新作から「Wake Up」の音源が試聴可能となっている。


新曲「Wake Up」の試聴はこちら:


ファジーなギターがキエランのトレードマークであるメロディを求めて押し合いへし合いする、そんなリード・シングル「Wake Up」についてキエランは「この曲は大胆でビッグなスタートを表す1曲。これを通して僕らは本気なんだってことが伝わるはず」。
さらに、アルバムについては、「前作をみんなが受け入れて、理解してくれるのをみて、自分を信じられるようになったんだ。今の僕は別人さ、このアルバムには野心がみなぎっているんだ」と続けた。


『ディファレント・クリーチャーズ』は決して人々が期待して待っていたような作品ではない。ひとつのバンドが自分の心に従って、身の回りに起こる変化というものを反映し、前進したサウンドだからだ。それはリスクを伴うものかもしれないが、ファンならきっとそのリスクの裏に隠れたクリエイティブな部分、そしてそれがもたらすものというのを見出してくれることだろう。


Release Infoリリース情報

Circa Waves - Different Creatures
Different Creatures
byCirca Waves

海外発売日:2017年3月10日(金)
レーベル:Virgin / Hostess
※日本盤詳細は追ってご案内

<トラックリスト>
01. Wake Up
02. Fire That Burns
03. Goodbye
04. Out On My Own
05. Different Creatures
06. Crying Shame
07. Love's Run Out
08. Stuck
09. A Night On The Broken Tiles
10. Without You
11. Old Friends

※新曲「Wake Up」iTunes配信スタート&アルバム予約受付中!(高音質Mastered For iTunes仕様)
https://itunes.apple.com/jp/album/different-creatures/id1178519240?app=itunes&ls=1&at=11lwRX

Page Top