CHVRCHES

  • HOSTESS CLUB PRESENTS CHVRCHES - 2016.2.17 赤坂BLITZ

News

Video

Release

Every Open Eye
【セカンドアルバム】

Every Open Eye(エヴリ・オープン・アイ)

2015年9月25日(金)リリース!日本盤にはFour TetのRemixを収録!!
HSE-60222/9月25日(金)/2,371円+税
■日本盤はボーナストラック4曲、歌詞対訳、ライナーノーツ付
iTunesにてプレオーダー受付中!
※ボーナストラック3曲、高音質Mastered For iTunes仕様

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • iTunesで購入
【トラックリスト】
  1. Never Ending Circles
  2. Leave A Trace
  3. Keep You On My Side
  4. Make Them Gold
  5. Clearest Blue
  6. High Enough To Carry You Over
  7. Empty Threat
  8. Down Side Of Me
  9. Playing Dead
  10. Bury It
  11. Afterglow
  12. Get Away *
  13. Follow You *
  14. Bow Down *
  15. Leave A Trace (Four Tet Remix) *

*ボーナストラック

The Bones of What You Believe
【デビューアルバム】

The Bones of What You Believe(ザ・ボーンズ・オブ・ワット・ユー・ビリーヴ)

HSE-60166/絶賛発売中/2,371円(税抜)
■日本盤はボーナストラック6曲、歌詞対訳、ライナーノーツ付
『The Bones of What You Believe (Special Edition)』iTunes配信中!
※ボーナストラック4曲、ライヴ映像2曲付、高音質Mastered For iTunes仕様

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • iTunesで購入
【トラックリスト】
  1. The Mother We Share
  2. We Sink
  3. Gun
  4. Tether
  5. Lies
  6. Under The Tide
  7. Recover
  8. Night Sky
  9. Science/Visions
  10. Lungs
  11. By The Throat
  12. You Caught The Light
  13. Strong Hand *
  14. Broken Bones *
  15. Gun - KDA Remix *
  16. The Mother We Share - We Were Promised Jetpacks Remix *
  17. The Mother We Share (Blood Diamonds Remix) *
  18. The Mother We Share (Kowton's Feeling Fragile Remix) *

*ボーナストラック

EP
【完全生産限定盤EP】

EP

HSE-60161/絶賛発売中/933円(税抜)
■日本独自企画盤、完全生産限定盤、歌詞対訳、ライナーノーツ付

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • iTunesで購入
【トラックリスト】
  1. Gun
  2. Recover
  3. ZVVL *
  4. Now Is Not The Time *
  5. Recover (Cid Rim Remix) *
  6. Gun (Jamie Isaac Remix) *

*アルバム未収録曲

Profile

CHVRCHES

CHVRCHES(チャーチズ)

グラスゴー出身のローレン・メイベリー(Vo)、イアン・クック(Key,B,Vo)、マーティン・ドハーティ(Key,Vo)で結成した3人組バンド。注目新人を選ぶBBCサウンド・オブ・2013で5位を獲得。レーベル契約前からネットを中心に人気が爆発。2013年3月、配信と12インチシングルで『リカヴァーEP』を発表。同月に出演した米テキサス州オースティンで行なわれた世界最大の音楽コンベンションSXSWでは、会場に詰めかけたオーディエンスと音楽関係者で超満員となった。海外ではデペッシュ・モード、トゥー・ドア・シネマ・クラブのサポートを務めた。同年7月、日本独自企画盤『EP』で日本デビュー。8月にはサマソニで初来日を果たし話題をさらった。9月、待望のデビュー・アルバム『ザ・ボーンズ・オブ・ワット・ユー・ビリーヴ』をリリース。全英チャート初登場9位(10/5付)、全米チャート12位(インディー1位)(10/12付)を記録した。2014年2月にはHostess Club Weekenderに加え東京と大阪で単独公演を行った。