Ásgeir

NEWS

2016.09.12:最新メディア露出情報(追記あり)

ローリングストーン 10月号
http://rollingstonejapan.com/magazines/detail/24933

NeoL:『Where Is My Mind?』Interview
http://www.neol.jp/culture/49062/

2016.09.05:アウスゲイル参加!恒例の<One Minute Left>を公開

アウスゲイルが出演したHCANことHostess Club All-Nighterから早2週間。夏フェスロスのもぬけの殻状態の方も少なくはないのでは。そんな皆様の心の隙間を埋めるべく、恒例の来日アーティスト無茶振り企画<One Minute Left>を公開!<One Minute Left>とは毎度ホステス・クラブ来日アーティストに1分間で何か面白いことして〜と無茶にお願いしちゃうという企画。アウスゲイルも参加してくれました!


アウスゲイルのOne Minute Leftはこちら:

2016.08.26:アウスゲイル メディア情報

先週末開催されたHOSTESS CLUB ALL-NIGHTER出演のために来日していたアウスゲイルのインタビューの模様が、来週放送のJ-Wave『Music County』にてオンエアされます! 1年半振りの来日で感じたこと、10月に発売される日本独自企画盤超限定7インチ・シングル「Where Is My Mind?」についてのトークを繰り広げているのでお楽しみに!


J-WAVE「Acoustic County」
8月29日(月)14:00~16:30

2016.08.10:10月に日本独自企画盤超限定7インチ・シングルのリリースが決定!

若干23歳ながらデビュー・アルバムが出身地であるアイスランド史上最速で売れた国内アーティストによる作品に認定され、全人口の10人に1人が所有しているという人気を誇るアウスゲイル。ここ日本でも14年2月のHostess Club Weekenderへの出演、そしてフジロック出演のための再来日を経て15年にジャパン・ツアーを敢行。追加公演までもが即完売となり新人とは思えぬほどの支持を得ている。


そんな中、現在ニュー・アルバムの制作中と噂される彼が、出演が決定しているHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERでの来日直後となる10月5日(水)に、日本独自企画盤をリリースすることが決定した!
日本のファンのためだけに企画/制作された今作は、ピクシーズの大ヒット曲「Where Is My Mind?」のカヴァーとオリジナルの新曲「Trust」。どちらもアウスゲイル・ファンなら納得という"らしい"仕上がりになっているので聴き応え大アリ!


今作についてアウスゲイルからのコメント 「せっかく8月にHostess Club All-Nighterのために来日するから、何か日本のファンのためにスペシャルになるようなことをやりたかったんだ。『Truth』は『イン・ザ・サイレンス』のリリース直後に書いた曲なんだけど、セカンド・アルバムのためにじっくり温めておいたんだ。でもいざニュー・アルバムの制作にとりかかって収録曲をセレクトしてみると、なんかしっくりこなかったんだよね。だから、今回こうやって別の素敵な活用法に出会えてすごく嬉しい。それから、これまでニルヴァーナの「Heart-Shaped Box」を除いてはあまりやったことがなかったから、何かカヴァー曲もやりたかったんだ。そこでスタジオで山積みのCDをあさっていたら、ピクシーズの『サーファー・ローザ』が出てきて、その中の『Where Is My Mind?』が目に入ったんだ。早速実践してみて、仕上がりに満足したから、日本のファンも気に入ってくれるといいな!」


2年間で4度目の来日を迎えるだけあって、アウスゲイルにとって日本のファンは特別な存在。そんな彼から、2年半振りに届けられるスペシャルなギフトは、プレミアム・アイテムとなることが予想される。完全生産限定盤となっているので、早めにゲットすることをおすすめする! なお、現在彼の日本公式サイトにて新曲のティーザー音源が試聴可能となっている。


「Where Is My Mind? / Trust」の試聴はこちら

Release Infoリリース情報

Ásgeir - Where Is My Mind?
Where Is My Mind?
byÁsgeir

レーベル:Hostess Entertainment
発売日:2016年10月5日(水)
形態:7インチ
品番:HSE-6308
価格:1,500円+税
※完全生産限定盤、日本独自企画盤、歌詞対訳付(予定)

<トラックリスト>
[Side-A] 1. Where Is My Mind?
[Side-B] 1. Trust

※アウスゲイルのiTunesページはこちら!
https://itunes.apple.com/jp/artist/asgeir/id670807813?app=itunes&ls=1&at=11lwRX

HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER 出演: Dinosaur Jr. / Animal Collective / Deerhunter / Temples / Ásgeir / Savages / Matthew Herbert / John Grant
日程:2016/8/20(土)<サマーソニック2016 ミッドナイトソニック>
場所:幕張メッセ
OPEN 22:00 / START 23:15
オフィシャルサイト:http://ynos.tv/hostessclub/schedule/201608hcan/
チケット絶賛発売中!
通常価格¥8,500(税込 / 枚数限定)
詳細情報はこちら:http://ynos.tv/hostessclub/schedule/201608hcan/ticket/

2016.04.21:HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERにアウスゲイルとジョン・グラントの出演が決定!

ヘッドライナーにダイナソーJrとアニマル・コレクティヴを迎え、ディアハンター、サヴェージズ、テンプルズ、そしてマシュー・ハーバートの出演が決定しているHOSTESS CLUB ALL-NIGHTER。新作を制作中のアーティストも多い今回のラインナップは、まさに今見たい旬のイベントとして話題沸騰中。
そしてなんとこの豪華出演アーティストへの追加としてアウスゲイル、そしてジョン・グラントが決定しました!
若干23歳ながらデビュー・アルバムが出身地であるアイスランド史上最速で売れた国内アーティストによる作品に認定され、全人口の10人に1人が所有している程の人気を誇るアウスゲイル。ここ日本でも14年2月のHostess Club Weekenderへの出演、そしてフジロック出演のための再来日を経て15年にジャパンツアーを敢行。追加公演までもが即完売となり新人とは思えぬほどの支持を得ています。彼も現在新作を制作中とされており、いち早い新曲のパフォーマンスが期待できそう。
そしてアウスゲイルと共に登場となったのが、彼のデビュー・アルバムの歌詞英訳を務めたことでも知られ、親交の深いジョン・グラント。今年4月にはHostess Club Sunday Specialにて初来日を果たすと、最新作にも参加したスージー・アンド・ザ・バンシーズのバッジーをドラムに迎えた豪華バンドでのステージとその魅惑のバリトン・ボイスは大きな話題となりました。前作はラフ・トレード・ショップス2013年間ベスト・アルバム1位獲得、最新作も国内外で高評価を得るなどソングライターとしての才能をいかんなく発揮し続ける彼のステージは必見です!
いよいよ8組が出揃ったHOSTESS CLUB ALL-NIGHTER。どのアーティストも素晴らしいパフォーマンスが期待できるだけに、今年のSummer Sonicは本当に寝られそうにありません!

HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERオフィシャルサイトはこちら:
http://ynos.tv/hostessclub/schedule/201608hcan/



HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER 出演: Dinosaur Jr. / Animal Collective / Deerhunter / Matthew Herbert / Temples / Savages / Asgeir / John Grant
日程:2016/8/20(土)<サマーソニック2016 ミッドナイトソニック>
場所:幕張メッセ
オフィシャルサイト:http://ynos.tv/hostessclub/schedule/201608hcan/

<Hostess Clubとは>
数々の素晴らしいアーティスト作品をリリースしてきた独立系音楽会社HostessEntertainmentが、音楽出版やライブ制作、マーチャンダイズを手掛けるYnos(イーノス)とタッグを組み、2011年からスタートさせたライブ公演シリーズ「Hostess Club」。
2012年から開催したイベント「Weekender」シリーズでは、新人から大御所まで独自の視点でセレクトした刺激的なアーティストを多数フィーチャー。2015年夏、新たな試みとしてサマーソニック2015内でHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERを開催。2016年春には少し大人なイベントHostess Club Presents Sunday Specialも成功を収めた。

Page Top