Hostess Entertainment Unlimited

Omar SouleymanOmar Souleyman

Omar Souleyman

オマール・スレイマン

66年生まれのシリアン・テクノ・アーティスト。中東シリアのスーパースターと呼ばれ、トム・ヨーク、ビョーク、フォー・テット等が大絶賛。「ダブケ」と呼ばれ、中東では結婚式やパーティーでお馴染みの民族舞踏をダンス・ミュージックにまで昇華させた最初の国際スター。他のダブケ・アーティストを寄せ付けないハードなシリアン・テクノを展開し、ほとんどジャム・セッションで作曲するという独特のスタイルで音楽制作を行う。13年11月、フォー・テットがプロデュースを手掛けた正式デビュー・アルバム『ウェヌ・ウェヌ』をリリース、Hostess Club Weekenderで初来日を果たした。15年、モードセレクター主宰レーベル<Monkeytown>から『バハデニ・ナミ』を発表。16年11月、相対性理論との2マン・ライヴで再来日を果たす。

「ダブケ」と呼ばれ中東では結婚式やパーティーでお馴染みの民族舞踏をダンス・ミュージックにまで昇華させた最初の国際スター、オマール・スレイマン。66年にシリアで生まれ、子供のころはイラクやトルコ音楽に影響を受けたという。94年のデビュー後は中東を中心に活動を続け、ライヴ盤やコンピレーション盤を複数リリース。09年、全米を含む中東以外でのツアーを敢行。オマーの噂を聞きつけたビョークが「オマールはシリアン・テクノよ」大絶賛し、自身の最新作『バイオフィリア』のリミックス・シリーズにも起用し話題をさらった。トム・ヨークは『ウェヌ・ウェヌ』のプレス発表の際に、YouTubeリンクとともに「Dope、オマール・スレイマンとフォー・テットが一緒にやる事に興奮しているよ・・・(Dopeって古い単語なのかもしれないけど、僕もそんな感じだからね)」とツイート。レディオヘッドの公式サイトでも愛聴曲として紹介した。長年のコラボレーター、ラザン・サイードとのジャム・セッションで音楽制作やライヴを行うという独自のスタイルにも注目!

DISCOGRAPHY

Bahdeni Nami [2015 Monkeytown / Hostess]
Wenu Wenu [2013 Domino / Hostess]
Leh Jani (2LP, full-length Syrian tape reissue) [2011 Sham Palace]
Haflat Gharbia - The Western Concerts (Compilation albums) [2011 Sublime Frequencies]
Jazeera Nights (Compilation albums) [2010 Sublime Frequencies]
Dabke 2020 (Compilation albums) [2009 Sublime Frequencies]
Highway to Hassake (Compilation albums) [2006 Sublime Frequencies]

VIDEO

Bahdeni Nami