Hostess Entertainment Unlimited

Okada TakuroOkada Takuro

Okada Takuro

(岡田拓郎)

東京を拠点にギター、ペダルスティール、マンドリン、エレクトロニクスなどを扱うマルチ楽器奏者/作曲家。
2012年にバンド「森は生きている」を結成。P-VINE RECORDSより『森は生きている』、自身がミキシングを手がけた『グッド・ナイト』をリリース。両アルバムとも、ジャケット写真も手がける。2015年に解散。個人活動としては、Daniel Kwon、James Blackshawなどのレコーディング、ライブに参加。2015年には菊地健雄監督作品、映画『ディアーディアー 』の音楽を担当している。
近年は映画『PARKS パークス』への楽曲提供やSouth Penguinの作品プロデュース、okada takuro+duennとしてコラボ盤リリースを行う一方、『レコード・コレクターズ』や『MUSIC MAGAZINE』などにて執筆も行う。
2017年7月、ソロ名義Okada Takuroとして新曲「硝子瓶のアイロニー」をHostess Entertainmentから配信リリース。

VIDEO

硝子瓶のアイロニー