Hostess Entertainment Unlimited

Nine Inch NailsNine Inch Nails

Nine Inch Nails

ナイン・インチ・ネイルズ

アメリカのオハイオ州クリーブランドでトレント・レズナーを中心として活動を開始。1989年にリリースしたデビューアルバム『プリティ・ヘイト・マシーン』は2年間ビルボードのチャートにランクインし、結果150万枚以上のビッグセールスを記録する。1991年にはアクセル・ローズがナイン・インチ・ネイルズをフェイヴァリットに挙げた事によりガンズ・アンド・ローゼズのツアーのオープニングアクトを務める。1994年リリースのセカンド・アルバム『ザ・ダウンワード・スパイラル』はビルボードで初登場2位を記録。1999年にリリースされた『ザ・フラジャイル』でついに全米チャート1位を獲得。2005年『ウィズ・ティース』でまたしても全米1位、全英3位を獲得。またサマーソニック05ではヘッドライナーを務め日本のオーディエンスを圧倒した。2007年5枚目のアルバム『イヤー・ゼロ』をリリース。2008年春オフィシャル・サイトにて6枚目のアルバム『ゴースツI-IV』をリリース。発売と同時にサイトにアクセスが殺到、一時サーバーがダウンするという事態に陥る。そして2008年5月には7枚目となるアルバム『The Slip』を全曲完全無料配布でリリース。2009年に行われる世界ツアーを最後にナイン・インチ・ネイルズとしての活動の終了を宣言。2009年のサマーソニックで豪雨の中見せた神憑り的なライブが話題となる。映画『ソーシャル・ネットワーク』のサウンド・トラックを制作、第83回アカデミー賞の作曲賞を受賞。2013年、ナイン・インチ・ネイルズとしての活動を再開。同年、8枚目のアルバム『ヘジテイション・マークス』をリリースし、全英アルバムチャートでは初登場2位、US ビルボード・チャートでは3位にランクインした。同年、フジロック・フェスティバルにヘッドライナーとして出演、またも豪雨の中魅せたライブは伝説として語り継がれている。2014年に行われた単独日本ツアーは全公演ソールドアウトし日本での人気の高さを見せつけた。2016年末に突如『ノット・ザ・アクチュアル・イベンツ』EPを配信でリリース、7ヶ月の沈黙の後、今年7月に新曲「Less Than」と新曲を含む5曲入りEP『アッド・ヴァイオレンス』をリリースした。

DISCOGRAPHY

Add Violence [2017 The Null Corporation]

VIDEO

THIS ISN'T THE PLACE