Hostess Entertainment Unlimited

Iron and Wine & Ben BridwellIron and Wine & Ben Bridwell

Iron and Wine & Ben Bridwell

アイアン・アンド・ワイン&ベン・ブリッドウェル

バンド・オブ・ホーセズ:
2004年、ベン・ブリッドウェルを中心に米シアトルで結成。2006年『Everything The All Time』で、人気インディ・レーベル<サブ・ポップ>よりデビュー。その楽曲クオリティはもちろん、奥深い世界観、壮大なサウンド・スケープとライヴ・パフォーマンスが有力音楽メディアで評判を呼び、瞬く間に人気が上昇。2007年の2nd『Cease To Begin』が全米ビルボード・アルバムチャートで35位を記録。2008年にはサマーソニックで初来日し、満員のオーディエンスを魅了した。

アイアン・アンド・ワイン:
サミュエル(サム)・ビームによるソロ・ユニット。02年9月サブ・ポップからデビュー・アルバム『The Creek Drank the Cradle』をリリース。 その後、若者やUSインディ・ファンを中心に大人気を得た映画『終わりで始まりの4日間』に提供したポスタル・サーヴィスのカヴァー曲が話題となる。05年にはキャレキシコとの共演作『イン・ザ・レインズ』を発表、07年にはそのキャレキシコも参加した3作目『シェパーズ・ドッグ』が各メディアで高い評価を受ける(全米チャート初登場24位)。11年1月、ワーナー(US)/4AD(US以外)へ移籍し発表した4作目『キス・イーチ・アザー・クリーン』は、全米チャート初登場2位を獲得。13年、約2年振りとなる5作目『ゴースト・オン・ゴースト』をリリースした。

DISCOGRAPHY

Sing Into My Mouth [2015 Black Cricket / Brown Records / Caroline / Hostess]