Hostess Entertainment Unlimited

BombinoBombino

Bombino

ボンビーノ

ニジェール北部のアガデスで生まれ育ったボンビーノは、サハラ砂漠西部に住むベルベル人系の遊牧民、トゥアレグ族の両親の元に生まれた。トゥアレグ族は度々ニジェール政府と衝突を繰り返し、その影響でボンビーノの家族は逃亡生活を強いられることが幾度かあった。その逃亡生活の中で、ボンビーノは反政府活動の前線を訪ねていた親戚が残したギターを手にする。そこから独学でギターを弾き始め、やがて地元のバンドで演奏をするようになり、徐々に知名度を上げていった。 2009年、アガデスの近くを旅行していた時に偶然彼の音楽を耳にした映画作家ロン・ワイマンと出会ったことをきっかけに、ボンビーノの音楽の扉が世界へと開かれた。2011年にソロ・アルバム『アガデス』をリリース。2013年にリリースした『ノマド』をザ・ブラック・キーズのダン・オーバックが手がけたことで、より世界から注目されることとなる。2016年、ダーティー・プロジェクターズのデイヴ・ロングストレスが手がけた待望の新作『アゼル』を発表。

DISCOGRAPHY

Azel [ 2016 Partisan / Hostess ]
Nomad [ 2013 Nonesuch ]
Agadez [2011 Cumbancha ]
Agamgam 2004 [ 2010 Reaktion ]

VIDEO

AKHAR ZAMAN