Hostess Entertainment Unlimited

Band Of SkullsBand Of Skulls

Band Of Skulls

バンド・オブ・スカルズ

2004年に結成されたイギリスのサウサンプトン出身のロックバンド。ラッセル・マースデン(G&Vo)、エマ・リチャードソン(B&Vo)、マット・ヘイワード(Dr)の3人組で男女ツイン・ヴォーカルの編成、紅一点のエマはアートワークも手掛ける。当初「Fleeing New York」というバンド名で結成され、グレーター・ロンドンのナイトクラブなどで演奏を始めた。08年にバンド名を「Band of Skulls」に改名、翌年米インディー・レーベル<Shangri-La Music>よりアルバム『ベイビー・ダーリン・ドール・フェイス・ハニー』でデビュー。同年サマーソニックにも出演。その後12年に2nd『スウィート・サワー』、14年に『ヒマラヤン』をリリース。彼らの楽曲は映画「ニュームーン/トワイライト・サーガ」やテレビ番組、コマーシャル等のサウンドトラックにも使われている。

DISCOGRAPHY

By Default [2016 BMG / Hostess]
Himalayan [2014 Electric Blues Recordings / PIAS (UK) / Hostess]
Sweet Sour [2012 PIAS Recordings / Hostess]
Baby Darling Doll Face Honey [2009 You Are Here / Hostess]