Hostess Entertainment Unlimited

Agnes ObelAgnes Obel

Agnes Obel

アグネス・オベル

デンマークの首都コペンハーゲン出身。音楽一家のもとに生まれ幼少期からピアノを習い始める。デンマークのロスキルダ大学卒業後、独ベルリンに移り、音楽活動を続け2009年、"Obél"名義で制作されたヨーロッパ・デビュー・シングル「Just So」が、ドイツのテレビCMに抜擢され、一気に評判を高める。2010年、デビュー・アルバム『Philharmonics』をリリース。デンマークアルバムチャート7週連続1位を獲得した他、ヨーロッパ各国で大ヒットを記録。シングル「Riverside」は『グレイズ・アナトミー恋の解剖学』のシーズン7・16話にて使用された。また映画『Submarino』のサウンド・トラックとしても使用され、デンマークの映画賞「Robert Award」で「the Best Song of the year 2011」を受賞した。2013年10月1日にセカンド・アルバム『アヴェンティン』をリリース。2016年6月、突如新曲「Familiar」を発表。7月には、同年10月にニュー・アルバム『シチズン・オブ・グラス』をリリースすることを発表。

DISCOGRAPHY

Citizen Of Glass [2016 Play It Again Sam / Hostess]
Aventine [2013 PIAS / Hostess]
Philharmonics [2010 PIAS / Hostess]

VIDEO

Familiar